公開講座
DPRI Open Lecture

京都大学防災研究所公開講座 (第29回)
※この公開講座は終了しました。


日時 2018年10月2日
10時~17時30分
開催場所 アクロス福岡 国際会議場
(福岡県福岡市中央区天神1-1-1)

入場無料:会場での受講には事前の申し込みが必要です。申し込みは、こちらをご確認ください(2018年9月10日まで)。
※インターネットでの受講:当日インターネット生中継を行いますので、時間になりましたら、下記までアクセスください。
[京都大学防災研究所 Live配信サイト] 【http://www.ustream.tv/channel/dpri

プログラムなど詳細はこちらをご参照ください。

※下記より、講座資料をダウンロードできます。

准教授 竹見哲也「停滞する線状降水帯と平成29年7月九州北部豪雨」

教授  千木良雅弘「九州北部豪雨によって発生した斜面災害の実態とその原因について」

教授  角 哲也「近年の流木災害と寺内ダムが果たした役割」

准教授 佐山敬洋「中小河川の豪雨災害に関する情報と避難について」

教授  中北英一「気候変動予測と災害環境への影響」

准教授 田中賢治「気候変動で水資源はどうなる?」

准教授 浅野公之「2016年熊本地震の震源断層と地表地震断層、活断層」

教授  松島信一「2016年熊本地震による地震動と建物被害」

教授  井口正人「九州地方の火山活動と広域火山災害--特に桜島大規模噴火を想定して」

過去の公開講座