プロジェクト
Research Projects

防災研究所では、下記のプロジェクトに取り組んでおります。

GSS

博士課程教育リーディングプログラム
グローバル生存学大学院連携プログラム

概要

本プログラムでは、寶馨教授をプログラムコーディネーターとして、9研究科(教、経、理、医、工、農、情、アジア・アフリカ、地球環境)と3研究所(防災、生存圏、東南ア)が連携し、 安全安心分野における国際的なリーダーの育成を目指しています。本研究所からは10人の教員がプログラム担当者として参画しています。  グローバル生存学は、巨大自然災害、人為災害・事故、地域環境変動、食料安全保障の4分野を含んでいる5年一貫のコースです。 独自の必修科目、各研究科からの提供科目のほか、インターン研修、フィールド実習、学際ゼミナール、国際スクールなどの学びの場とともに、産学連携プロジェクト、国際共同プロジェクトを学生自身が立案し、リーダーの経験も積む機会が用意されています。
>> 【グローバル生存学大学院連携プログラム 公式サイト


「グローバル生存学」5年一貫コースの概要

一覧に戻る

概要

最も効果的な津波被害軽減策とされる住民の避難対策に焦点を絞り、地域住民がリアルな状況設定と適切な関連情報のもとで避難を行うための訓練パッケージを開発します。 具体的には、近年新たな手法として開発された「個別訓練タイムトライアル」の手法を、より簡易かつ大規模に利用可能なスマートフォンのアプリとして再構築し、かつ、訓練時だけでなく緊急時の避難支援機能も有するツールとして開発・実装を目指します。


>> 【SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)課題「レジリエントな防災・減災機能の強化」新規採択研究開発課題および研究責任者

一覧に戻る

頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム(日本学術振興会)
複雑化する巨大災害に対する総合防災学確率に向けた最先端国際共同研究

概要

 2011-2013年度において、東日本大震災による「地震災害」や集中豪雨、温暖化に関係する「気象水象災害」といった極端事象の研究を核として、巨大複合災害を紐解く自然災害基礎研究の国際共同研究を行いました。 若手研究者をキーとなる海外研究機関に派遣し、自然災害発生過程と災害インパクトに関する最先端研究を共同で行うとともに、その研究を軸に本研究所の教員が参画することにより、極端自然災害に対して、今後ますます高度化複雑化する社会のレジリエンシーを高める総合防災学の確立を目指します。計画期間中、米国、イギリス、フランスへ5名を派遣し、2013年3月にはシンポジウムを開催しました。
>> 【頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム(日本学術振興会) 公式サイト
>> 【複雑化する巨大災害に対する総合防災学確立に向けた最先端国際共同研究〔R2305〕


国際シンポジウムの様子