地震・火山研究グループ
Seismic and Volcanic Hazards Mitigation Research Group

地震火山災害メ力ニズムの解明と地震防災技術の開発

 多様な自然災害にさらされる日本においても、地震・火山に関わる災害はとりわけ深刻な被害を社会に引き起こします。突発的に発生する性質をもつため予測は容易ではなく、頻度は低いが一度起こればとてつもなく大きな被害をもたらし、引き続く余震や火山活動によって長期にわたって国民に不安を与えるという点で、他の自然災害とは際立った相違を見せます。本研究グループは、この御しがたい地震・火山関連災害の発生のメカニズムを科学的に解き明かす基礎的研究を推進するとともに、理学と工学の密接な連携の下、地震・火山災害から人命と資産を守り、安全で安心な社会を持続するための諸技術・方策の開発や高度化に関わる応用的研究を展開します。

このグループに属する研究部門・センターは下記の通りである。