大気・水研究グループ
Atmosphere-Hydrosphere Research Group

地球環境の変化をみすえた大気・水に関わる災害の防止と軽減ならびに水環境の保全

 地球規模の環境変化に伴う大気・水循環の変化について研究を行うとともに、風水害の防止と軽減、水資源の確保や管理、水環境の保全に必要な技術を開発します。異常気象に起因する降雨・流出・河川氾濫や暴風・高潮・高波による災害および異常地殻変動による津波災害の防御に係わる研究を行います。山地から海岸に至る土砂や汚染物質の流出機構と制御、さらには流域環境保全のための研究を行います。また、観測・実験施設で得られる情報を積極的に公表・活用します。

このグループに属する研究部門・センターは下記の通りである。