災害気候研究分野
Climate Environment

大気組成の変化や、大気や海洋の循環変動による異常気象や気候変動の発現過程や予測可能性の解明を目指し、大気大循環モデルなどを用いた数値実験や、長期間の気象海洋観測データ、さらには数値天気予報データの解析などにより研究を進めています。

2010年ロシアで発生した ブロッキング現象
大気大循環シミュレーション

所属教員

  • 教授榎本 剛

    プロフィール

  • 助教井口敬雄

    プロフィール