地震リスク評価高度化(阪神コンサルタンツ)研究分野 発足記念キックオフ・ワークショップ

  • 研究集会
開催期間 2018.05.30  13:00 ~ 17:00
場所 京都大学宇治キャンパス 宇治おうばくプラザ セミナー室4・5

2018年4月1日付けで、社会防災研究部門に寄附講座「地震リスク評価高度化(阪神コンサルタンツ)研究分野」が発足しました。

つきましては、その研究計画やその方向性について披露し、広く内外の専門家のご意見・ご批判を賜る機会として、キックオフ・ワークショップを開催します。内容は下記のとおりです。多数のご参加をお待ちしております。

 

プログラム(予定)
13:00~ 開会あいさつ 川瀬博(京大防災研)
13:05~ 地震リスク評価高度化研究分野に期待するもの 堀家正則(阪神コンサルタンツ)
13:30~ 地震リスク評価高度化研究分野の主要タスク 川瀬博(京大防災研)
14:00~ 拡散波動場理論に基づく地盤構造同定と基盤入射波の逆算  長嶋史明(京大防災研)
14:30~ ---------(休憩20分)---------
14:50~ アスペリティとランダム変動を考慮した震源の動的破壊シミュレーション 川瀬博(京大防災研)
15:30~ 強震動評価の工学的応用とその課題 佐藤智美(大崎総合研究所)
16:15 ~ 強震動予測レシピの現状と課題 入倉孝次郎(愛知工業大学)
17:00 閉会

 

懇親会: ワークショップ終了後、レストラン「きはだ」にて簡単な懇親会を開催します。参加費は1000円です。参加くださる方は下記「参加申込」を参照のうえ、事前にお知らせください。

 

参加申込: 参加者数の事前把握のため、下記の情報をito★sere.dpri.kyoto-u.ac.jp(★を@に変えてください)まで送付くださいますと幸いです。

  • 氏名:
  • 所属:
  • e-mail:
  • ワークショップの出欠:○×
  • 懇親会の出欠:○×