気候変動リスク予測・適応研究連携研究ユニット

2020年6月、京都大学防災研究所に「気候変動リスク予測・適応研究連携研究ユニット/Joint Research Unit for Climate Change Risk Projection and Adaptation Strategies (JRU-CCRA)」が発足しました。気候変動が災害環境に及ぼす影響の予測や適応に関する研究を対象に、大気・水研究グループ、総合防災研究グループ、地盤研究グループの多くの研究室、教員、研究員が協働して、大規模かつ横断的な研究活動を共同する予定です。また、本ユニットは、防災研究所を中心とした気候変動研究の所内および所外の連携を図り、先端研究を推進します。