気象・水象災害研究部門
Research Division of Atmospheric and Hydrospheric Disasters

大気・水に関する災害の発現機構解明と予測および軽減

 大気や水に関する現象には、人間の周りのごく小さなスケールから地球全体に至る大きなスケールまで、様々な空間スケールのものが存在します。時間スケールも、竜巻のように激烈で短時間に生じるものから、ブロッキング現象のように一ヶ月以上の長期にわたって異常天候をもたらすものなど様々です。本研究部門では、大気と水に関する様々な現象の発現機構の解明と予測に関する研究を通じて、大気・水災害の軽減・防止と環境問題の解決を目指しています。地球規模の気候変動に伴う大気・水循環の変化予測、水災害対策技術の開発、極端化・異常気象に起因する降雨・流出・河川氾濫や強風・高潮・高波災害、津波災害の防御、予測情報の活用方策に関する研究を進めています。

所属する分野・領域