優秀発表賞(令和元年度京都大学防災研究所研究発表講演会)授賞式を行いました

  • 受賞

2020年2月21日、令和元年度京都大学防災研究所研究発表講演会の終了後、17:30から、優秀発表賞の授賞式を実施しました。

優秀発表賞の受賞対象者となるのは、防災研究所で研究を行っている大学院生・研究員・研修員等で、2019年4月1日時点で、40歳未満の方です。

今年度の優秀発表賞受賞者は、以下の14名です。

おめでとうございます。

 

 

  • A12: 浦野大介 「海洋表層混合を考慮した全球大気・波浪・海洋結合モデルの開発」
  • A15: Che-Wei CHANG "Modeling of Coastal Waves and Hydrodynamics in Mangrove Forests”
  • A18: 岡田悠太郎 「四国地方における3成分GNSSデータを用いた短期的SSEの検出とその継続期間の推定」
  • B13: 染井一寛 「震源スペクトルに見られる断層破壊指向性」
  • B17: 島津颯斗 「静岡県の強震観測網を用いた震源特性、伝播経路特性、サイト増幅特性評価」
  • C09: 本間拓貴 「豪雨のDAD関係に基づく多様な洪水シナリオの発生手法」
  • C16: Tahani Al-HARRASI "Assessment of Reservoir Sedimentation Induced by Extreme Flash Flood at Wadi System : Case Study Assiren Upstream dam,Oman”
  • D07: Chengrui CHANG "On the Pre-failure Shear Behavior of Clayey Soil: Shear Banding and Corresponding Changeable Physical Precursors”
  • D11 Ruben R. VARGAS "Validation of Numerical Predictions of Lateral Spreading Based on “Hollow-Cylinder Torsional Shear Tests” and a Large Centrifuge-Models Database”
  • E08: 小川雅史 「日系グローバルサプライチェーンのセミマクロな構造変化の視覚化とリスク分析への援用の試み」
  • E09: Huan LIU "Estimating Lifeline Resilience Factors Using Post-Disaster Business Recovery Data”
  • P23: 瀧下恒星 「落下速度観測による桜島ブルカノ式噴火の降下火山灰の噴煙分離高度分布推定の試み」
  • P38: 平子遼 「浸水想定区域図作成・更新における問題点の抽出」
  • P49: Dina ELLEITHY "New Approach based on image processing techniques for water level measurements in the field and laboratory applications”