地震発生機構研究分野
Earthquake Source Mechanisms

地震の震源過程や波動伝播の研究のための様々な野外調査やデータ解析を行っています。例えば、
1) 大地震の断層の摩擦による発熱量や種々の物理量の測定を行っています。最近、東北地方太平洋沖地震の震源域の調査のために海底大深度掘削を行いました。
2) 波動伝播特性の時間変化の追跡により地殻の物理的特性の時間変化を研究しています。
3) 山崎断層において来るべき大地震の予測に資するためのモニタリングを行っています。
4) 日本の緊急地震速報の改善に資する手法の研究を行っています。大地震の発生後数秒で、強い揺れの正確な警報を出せるような新しい手法の検証を行っています。

ブータン・ヒマラヤ地域の地震災害軽減のための観測研究
淡路島の地震の余震観測:地震計を設置している様子

所属教員

  • 教授Mori, James Jiro

    プロフィール

  • 准教授大見士朗

    プロフィール

  • 助教山田真澄

    プロフィール