耐震機構研究分野
Earthquake Resistant Structures

建築構造物の安全性を確保し、地震による都市機能の低下を軽減することを命題に、以下の研究に取り組んでいます。
1) 構造物地震応答の再現:超高層建築・免震建築の長周期地震動に対する応答特性や機能保持能力を大型実験によって検証しています。
2) 新材料や部材を用いた建築構造:超高強度鋼や鋼・コンクリート合成構造などの新しい素材を採用して、より高い耐震性能を持つ構造部材の提案をめざしています。
3) 地震直後の健全度診断と評価:建物の健全度(損傷度)を即座に判定するためのセンサシステムや、被った変形量を明示できる制振装置の開発に取り組んでいます。

高強度CFT柱を用いたロッキングフレームの性能検証実験
被災建物の健全度判定システムの開発

所属教員

  • 教授池田芳樹

    プロフィール

  • 准教授倉田真宏

    プロフィール