強震動研究分野
Strong Motion Seismology

災害に強い社会づくりのための、大地震時の強震動予測に関する研究を行っています。震源の物理と地震波動論に基づいた震源からサイトに至るまでの強震動の生成、伝播に関する基礎研究を行うとともに、合理的な強震動予測手法の構築に関する以下の研究を行っています。
1) 震源での強震動生成機構の解明と不均質断層破壊過程の特性化、極大地震動・震源近傍強震動の生成メカニズム
2) 長周期地震動の生成・伝播特性の解明とモデル化
3) サイト近傍の表層地質の地震動へ及ぼす影響の分析及び地震学的手法による地盤構造探査
4) シナリオ地震に対する強震動予測手法の高度化と広帯域強震動シミュレーション手法の開発

上町断層帯南部における反射法地震探査(堺-高石測線)結果と構造解釈

所属教員

  • 教授岩田知孝

    プロフィール

  • 准教授浅野公之

    プロフィール