構造物震害研究分野
Structural Dynamics

地震時には、震源、伝播経路、表層地盤の特性および地盤-基礎-構造物の相互作用が、揺れによる構造物への作用に大きく影響します。これらの特性を調べ、それぞれの影響度を把握するための研究およびより実態に即した耐震性向上のための研究を行っています。本研究分野の主な研究課題は、以下の通りです。

 

1) 不均質震源と不整形地盤を考慮した強震動予測に基づく地震危険度評価

2) 地盤構造モデル高精度化システムの開発

3) 常時微動記録に基づく地盤構造同定手法の開発

4) 地盤-基礎-構造物の動的相互作用に関する研究

 

常時微動の水平上下スペクトル比に見られる方位依存性(上)とそれらから推定される不整形地盤構造の位置と方向(下)
常時微動観測風景

所属教員

  • 教授松島信一

    プロフィール