構造物震害研究分野
Structural Dynamics

地震時の揺れによる構造物への作用に大きく影響するのは、震源、伝播経路、表層地盤の特性と地盤-基礎-構造物の相互作用です。それぞれの特性と影響度の把握、影響度の違いによる地震危険度評価など、構造物震害軽減のための研究を行っています。

京都御所南西角付近で観測された常時微動 の水平上下スペクトル比に見られる方位依存 性(図から地下深部に東西方向の傾斜など の不均質性が示唆される)