リアルタイム総合観測研究領域
Integrated Real-time Systems

 地震発生機構や地殻活動予測等の研究高度化には、震源域直近での観測が不可欠です。 特に現在進行中の地殻活動を
その活動域において直接捉える総合的な観測研究を行います。国内外の研究機関と連携を保ちながら、
1)突発的な被害地震に対応した緊急余震観測
2)人工地震による地殻構造探査
3)特定地域における地震、GPS、比抵抗等の臨時観測
 などの観測を行っています。これらに基づき、詳細な震源分布や地殻構造、地域応力場、総合的解析による地殻活動のメカニズム解明などの研究を行っています。

稠密観測(満点計画)用の小型地震計の整備
衛星通信を使ったリアルタイムデータ伝送 (東北地方太平洋沖地震緊急余震観測)

所属教員

  • 准教授片尾 浩

    プロフィール

  • 助教山﨑健一

    プロフィール