内陸地震研究領域
Inland Earthquakes

内陸地震発生過程の解明
南海トラフ沿いで発生する海溝型巨大地震の前に、西南日本内陸で地震活動が活発化することが知られています。これらの内陸地震による被害を軽減するために、現在まだよく分かっていない内陸地震の発生過程を解明し、新たな発生予測手法を開発する研究を進めています。本研究領域の主な研究課題は、以下のとおりです。
1) 上部地殻における非弾性変形の解明
2) 下部地殻の不均質構造による内陸断層への応力集中過程の解明
3) 地震滑りや応力分布等の推定のためのインバージョン解析手法の高度化

長野県西部地震の震源域における地震波速度構造(Vp/Vs比)と 地震分布の関係。Vp/Vs比の小さなところで地震が発生している。
Back-Projection(BP)法、Hybrid Back-projection(HBP)法、ダンピング付き最小二乗 法による点震源のイメージ。BP法、HBP法では解像度が著しく落ちていることが分かる。

所属教員

  • 教授飯尾能久

    プロフィール

  • 教授矢守克也

    プロフィール

  • 准教授深畑幸俊

    プロフィール

  • 助教宮﨑真大

    プロフィール