地球計測研究領域
Earth Observation Systems

 地震に伴う地学的現象を記録・解析するための、新しい観測手法や計測技術の開発研究を行っています。また従来の観測も併用継続し、室内・野外での実験観測を通じて地震発生の準備過程の解明を目指しています。
1) レーザー伸縮計、従来型伸縮計、ボアホールひずみ計、STS 地震計、間隙水圧計を併行使用した、地球の自由振動の測定
2) ノイズを解析する手法を応用した地震断層の地下構造調査
3) 地震波の通過によって引き起こされる地震や微動の誘発現象の研究

2011年東北地方太平洋沖地震による地震の動的誘発
2011年3月11日の地震の歪地震記録

所属教員

  • 准教授宮澤理稔

    プロフィール

  • 助教森井 瓦

    プロフィール