地殻活動研究領域
Crustal Activity Evaluation

地球物理学的プロセスが関与する地殻活動の評価 下記 1)~ 4)の課題を総合的に研究することにより、地殻・マントルに発現する諸現象を検出・解析し、海溝型巨大地震や内陸大地震の地球物理学的プロセスの解明と、地震発生や強震動生成の予測に有用な情報の抽出に取り組んでいます。
1)沈み込み帯から内陸域までの地震波速度構造の研究
2)活断層の活動履歴の研究
3)GPS、InSARおよび衛星重力による地殻変動の研究
4)地震活動の時空間特性に関する研究

CCハシ測線(尾鷲-京丹後測線)に沿う断面における地震波速度不連続面の形状。紀伊半島下に沈み込むフィリピン海プレートがイメージされている。

所属教員

  • 教授澁谷拓郎

    プロフィール

  • 准教授野田博之

    プロフィール

  • 助教徐 培亮

    プロフィール