防災社会システム研究分野
Social Systems for Disaster Risk Governance

安全で安心な社会の形成を目指した総合的施策を合理的に策定・実施するためのマネジメントシステム構築の方法論に関する研究を実施しています。情報科学、計画・管理科学、経済学などに基づき、社会・経済システムと災害過程との相互作用の解明、リスクコミュニケーションの促進のための方法論構築、参加型防災計画の支援のための情報システムの構築を通じて、有効な災害リスク管理・ガバナンスの仕組みを追及しています。また、この防災システムを支える情報処理基盤である時空間データベースに関して独創性の高い防災情報システム理論の確立を目指しています。

リスク管理手段が災害後の経済成長に及ぼす効果
統合型洪水リスクコミュニケーション支援システム(iFRiCSS)

所属教員

  • 教授多々納裕一

    プロフィール

  • 准教授Subhajyoti SAMADDAR

    プロフィール