都市空間安全制御研究分野
Safety Control of Urban Space

東日本大震災、阪神・淡路大震災など近年の大地震による災害は、地震防災の重要性を改めて示しています。当研究分野では、建築物と都市の地震防災に関する研究を総合的に行って安全・安心な都市・まちづくりをすることを目指し、理論・実験・調査・観測による様々な研究を行っています。
主な研究活動としては、建築物の耐震安全性に関する研究、地震の揺れとそれによる建築物の挙動についての研究、地震時リスクの時間変化を考慮した耐震設計の最適化に関する研究などがあります。また、建築物の安全性を脅かす地震の揺れの強さを評価する研究や建築物の集合体である都市全体の安全性を評価し対策を考える都市災害リスクマネジメントに関する研究も行っています。

実大木造家屋引き倒し実験による『壁柱』耐震補強方法の検証

所属教員

  • 教授川瀬 博

    プロフィール

  • 准教授西野 智研

    プロフィール

関連プロジェクト

  1. 先端研究施設共用促進事業「強震応答実験装置を用いた構造物の耐震性能把握手法の確立」