地域医療BCP連携研究分野
Section of Health Emergency and Regional Disaster Risk Management


 災害時の医療機能の維持が現在、新たな課題となっています。熊本地震・大阪北部地震では病院機能が停電・被災して、大規模な入院患者の転院が行われるという事態が発生しました。熊本地震の反省を踏まえ厚生労働省は災害拠点病院に対して病院BCP作成の義務化を行う等、災害時の医療機能の維持は非常に重要な課題となっています。
 このたび、総合防災学の共同利用・共同研究拠点である防災研究所と、災害拠点病院である医学部附属病院とが共同で設置した「地域医療BCP連携研究分野」では災害発生直後の超急性期の災害医療の確保、その後の地域単位での医療体制維持を可能とする医療システムの構築、地域医療BCPについて下記のような研究を行います。

 

・災害時の医療機関における業務継続性に関する評価手法の開発
・ž災害時の地域医療連携のための情報共有システムの開発
・ž地域医療BCP構築手法の開発

2016年熊本地震で入院診療と外来診療の継続を諦めた医療施設

所属教員

  • 教授小池 薫(連携)

    プロフィール

  • 教授牧 紀男(兼)

    プロフィール

  • 准教授大鶴 繁(連携)

    プロフィール

  • 准教授倉田真宏(兼)

    プロフィール