社会防災研究部門
Research Division of Disaster Management for Safe and Secure Society

社会の災害安全性向上のための総合防災に関する方法論の構築

 社会の変遷と災害の歴史を踏まえ、災害に強い生活空間、都市、地域、世界をめざし、長期的展望に立って総合防災研究のための方法論を構築します。社会の発展・複雑化とそれに伴う災害の複合化の過程を科学的に分析・予測するとともに、現代社会の災害に対する脆弱性やリスクを総合的に診断し、安全性、快適性を備えた文化的で持続可能な社会を構築するための防災設計・防災計画・災害管理の技術や方法論を研究開発しています。人間生活とそれを支える自然・社会環境を考慮し、高度な情報システム、先端的な実験・観測技術を活用しながら、災害リスク軽減に関する研究を実施します。また、災害過程と社会経済環境との相互作用を探究し、開発・環境保全・安全の三者が調和しうるような防災政策論の展開を目指します。

災害リスクの構成要素

所属する分野・領域