巨大災害過程研究領域
Integrated Disaster Reduction Systems

研究テーマは、「総合減災システムの確立と実践的防災学の構築」です。安全・安心な社会を実現するために、巨大災害による被害を軽減するための研究を、社会科学・自然科学を融合して行います。特に、社会科学(社会心理学を中心として)の立場から、災害情報、防災教育、災害文化のあり方を提案し、真に「実践的な」防災学とは何かを探ります。具体的には、以下のテーマ(キーワード)について研究を進めています。防災心理学、災害社会学、防災教育、リスクコミュニケーション、アクションリサーチ、ゲーミング&シミュレーション、津波シミュレーション、災害情報、避難行動、災害復興。

研究室で開発した防災教育教材
被害予測シミュレータ

所属教員

  • 教授矢守克也

    プロフィール

  • 准教授大西正光

    プロフィール

関連プロジェクト

  1. 減災社会プロジェクト