地域水環境システム研究領域
Regional Water Environment Systems

 分布型流出モデル、陸面過程モデル、地下水モデル、水質モデル、土砂輸送モデル、食物連鎖モデル、作物生育モデル、貯水池操作モデル、社会経済モデル等から構成される「統合水資源管理モデル」を開発しています。本モデルは物理的水循環モデルをベースに、いわゆる自然の水循環を記述するだけではなく、貯水池による洪水流量の調節、各セクターからの水需要の推定、その需要を満足する貯水池からの放流といった人工系の水循環も合わせて記述する統合モデルです。現在の水循環システムの信頼性の診断、水資源管理支援、今後の気候変動下での洪水リスク、渇水リスク、生態系リスクの評価並びにリスク低減策の検討など様々な問題への応用を目指します。

統合水資源管理モデル
日本の各流域における水ストレス指標

所属教員

  • 教授田中茂信

    プロフィール

  • 准教授田中賢治

    プロフィール