耐風構造研究分野
Wind Engineering and Wind Resistant Structures

台風や竜巻などによる強風時の気流性状を明らかにし、それらの予測手法の開発を行っています。また、強風災害の防止・低減のために、建物の強風被害発生メカニズムの解明と被害やリスクの評価手法の確立を目指した研究を、観測・実験・数値シミュレーションなどの方法によって展開しています。具体的には、建物に加わる風圧力や強風中の飛散物の挙動の解明、建物周りの風環境の予測手法の開発などを行い、強風災害に強い建築構造物を設計するための合理的な耐風設計法の提案や、快適な風環境の創生、風力や太陽光などの自然エネルギーを活用した環境時代にふさわしい安全で快適な都市づくりの提案を行っています。

強風により被害を受けた住宅
竜巻による強風被害(池羽氏提供)

所属教員

  • 教授丸山 敬

    プロフィール

  • 准教授西嶋一欽

    プロフィール