気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野
Meteorological and Hydrological Risk Information (endowed by JWA)

最新の観測技術やモデル開発にもとづく気象・水文情報の高度化、情報の不確定リスクを考慮した意志決定手法や一般社会への提示方法に関する研究を行い、革新的な気象・水文リスク情報の創生を目指しています。
主な研究課題は、以下のとおりです。
1) 豪雨のフィールド観測を通した極端気象の解明
2) ラージ・エディ・シミュレーション(LES)にもとづく都市気象モデルの開発
3) アンサンブル予測を活用したリスク情報の作成及び実社会への適用方策の検討
4) マーケティングを活用した気象情報提供方策の開発
5) 市民の防災行動を誘発する気象情報提供の社会実験

防災研究所屋上での気象観測
研究の枠組み
不確定リスク情報の実社会への適用

所属教員

  • 特定教授辻本浩史

    プロフィール

  • 特定助教志村智也

    プロフィール

  • 特定助教竹之内 健介

    プロフィール