気象水文リスク情報(日本気象協会)研究分野
Meteorological and Hydrological Risk Information (endowed by JWA)

最新の観測技術やモデル開発にもとづく気象・水文情報の高度化、情報の不確定リスクを考慮した意志決定手法や一般社会への提示方法に関する研究を行い、革新的な気象・水文リスク情報の創生を目指しています。

シナリオ型台風進路予測 2016年 台風10号の事例

所属教員

  • 特定准教授佐々木 寛介

    プロフィール