国際災害情報ネットワーク研究領域(外国人客員)
Disaster Information Network (International Visiting Professors)

自然災害に関する世界各国との共同研究を実施しています。具体的には、世界各国の著名な研究者との交流、現地資料の収集、数値・映像・文献データの交換、インターネット上のデータ収集、防災地理情報の相互利用を行っています。近年は日本とならぶ防災先進国である米国の防災研究者との共同研究を実施しており、マルチハザード型での防災戦略計画の策定手法に関する研究、復旧・復興を視野に入れた総合的な防災対策のあり方に関する研究、巨大災害後の復興マネジメントに関する研究、環境と防災に関する研究を実施しています。

海外研究者との東日本大震災の合同調査

所属教員

  • 客員教授Irasema ALCANTARA AYALA