■その2(装置、機器関係)
地震・火山研究グループ

 図1: 広帯域MT装置本体。
400Hz-50000秒の帯域の電場2成分・磁場3成分の計測が可能。



 図2: 広帯域MT装置本体、磁場観測用コイルセンサー、および、電極セット。
この装置では400Hz-50000秒の帯域でのMT観測(電場2成分・磁場3成分)の実施が可能である。
なお、「2E」と表記された観測装置本体は、400Hz-50000秒帯域の電場2成分だけの計測が可能な装置である。



 図3: AMT(10000Hz-10秒)観測の電場2成分・磁場3成分の計測が可能な装置。
10000Hz-10秒の帯域をカバーすることができるセンサーコイル(400Hz-50000秒の帯域用のコイルセンサーより短くて軽い)を使用する。


B-4
広帯域電場磁場観測装置

【問い合わせ】
 Email: osman@eqh.dpri.kyoto-u.ac.jp
 TEL:  0774-38-4202
 FAX:  0774-38-4190

【所内担当教員(○責任者)】
  ○大志万 直人


この装置はMT法(地磁気地電位法)を用いて地下深部までの電気比抵抗構造推定するために使用するものです。電場変化を2成分と地磁気変化3成分の計5成分を同時に観測することができ、観測装置はGPS信号を基にして計測していますので、同機種による多数の観測点で同じサンプリング設定にすれば、時系列解析において、ノイズ低減処理の手法として通常用いられているリモートレファレンス処理を適用することが可能です。観測可能な周波数帯域は400Hz-50000秒(いわゆる広帯域と称している帯域)である。また、可聴域(10000Hz-10秒)での観測(いわゆるAMT観測)が可能な装置も3セット所有している。具体的な装置の構成は以下の通りである。
○広帯域MT(400Hz-50000秒)観測の電場2成分・磁場3成分の計測が可能な装置:5式(写真1および写真2)
○広帯域MT(400Hz-50000秒)観測の電場2成分だけの計測が可能な装置:1式(写真2)
※上記のうちAMT(10000Hz-10秒)観測の電場2成分・磁場3成分の計測が可能な装置:2式(写真3)
○フラックスゲート磁力計を用いる長周期MT(128Hz-DC)観測が可能な装置:2式
○簡便な調査が可能なフラックスゲート磁力計:1式

消耗品である電極等の貸し出しも可能ですが、各自で電極の状態チェックを使用前に行なってから使用してください。


【利用条件】

【利用届け】
Word 版


【利用届提出先】
 〒611-0011
 宇治市五ヶ庄
 京都大学宇治地区事務部 研究協力課
 ( Tel: 0774-38-3350, Fax: 0774-38-3369 )
 (E-mail: kyodo@dpri.kyoto-u.ac.jp)