■その1(施設関係)
地震予知研究センター

 図1: 上宝観測所


 図2: 上宝観測所周辺地図


 図3: 観測坑道

上宝観測所

506-1317 【問い合わせ】
 Email: ohmi@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp
 TEL:  0578-86-2350
 FAX:  0774-38-4239

【所内担当教員(○責任者)】
  ○大見 士朗


上宝観測所は昭和40(1965)年に、第1次地震予知研究計画に基づき京都大学防災研究所附属上宝地殻変動観測所として設置された。その後,微小地震,全磁力,地電流,広帯域地震観測およびGPSなどの観測項目を追加して、地震予知に関する基礎研究をはじめとする地球物理学的な諸研究を進めてきた。観測所では、現在、十数点の微小地震観測点において短周期微小地震観測を実施している。これらのデータの一部は,リアルタイムで気象庁に分岐して、気象庁における全国の微小地震観測データの統合処理に供している。また、逆に気象庁や防災科学技術研究所等、他機関のデータをも収集し,独自の研究目的のための解析処理を行っている。
さらに、地殻変動のための観測坑道を複数箇所に有しており,上宝観測室(高山市上宝町蔵柱)に加え、立山(富山県立山町),宝立(石川県珠洲市宝立町)の計3観測室で伸縮計および傾斜計による地殻変動連続観測を実施し,公衆回線によるデータ収集を行っている。これらに加え、上宝,立山および宝立の3観測室では、短周期微小地震観測に加えて広帯域地震観測も実施しているほか、跡津川断層の西端付近の西天生(飛騨市河合町)および宝立の2観測室では,プロトン磁力計による全磁力の観測を実施している。
このようにして得られた上宝観測所の観測データは、当地域の活断層や火山の活動を理解するための基礎的なデータとして利用されている。


【利用条件】
事前に担当者に相談すること。
【利用届け】
Word 版


【利用届提出先】
 〒611-0011
 宇治市五ヶ庄
 京都大学宇治地区事務部 研究協力課
 ( Tel: 0774-38-3350, Fax: 0774-38-3369 )
 (E-mail: kyodo@dpri.kyoto-u.ac.jp)