地盤防災解析研究分野
Geotechnics

人間活動が集中する大都市平野部における地盤災害に焦点を当て、数値解析法や遠心力載荷実験装置を利用し、幅広い地盤災害問題に関わる研究を推進しています。近年、地震時における水際低平地の地盤災害、地盤・構造物系の耐震性向上のための研究は、社会的にも重要度を増しています。主な研究課題は、以下のとおりです。
1)地盤・構造物相互作用系に対する数値解析法の開発
2)遠心力載荷装置を用いた地盤・構造物系の相互作用問題の解明
3)地震時の地盤軟化機構とその対策
4)地震時の地盤・構造物系の変形予測と合理的設計方法の 確立

2011年東北地方太平洋沖地震・津波で被災 した岸壁
重力式岸壁の3次元有限要素法による変形シミュレーション

所属教員

  • 教授渦岡良介

    プロフィール

  • 助教上田恭平

    プロフィール