防災研究所のWINDOW構想

  • その他

7月の所長メッセージ

 

防災研究所のWINDOW構想

クリップボード03

2015年7月

寶  馨

 

本年5月に防災研究所のホームページを改装いたしました。京大のホームページも新しくなっています。使い勝手は如何でしょうか。さらなる改良に向けてご意見・ご提案などございましたら、広報出版企画室にお知らせください。

さて、山極壽一総長がこのたびWINDOW構想を発表されました。すなわち、大学は社会に開かれた「窓」(WINDOW)であらねばならず、そのために以下のような項目を推進したいということです。詳しくは、http://www.kyoto-u.ac.jp/window/ をご覧ください。

京都大学のWINDOW

W = Wild and Wise(野性的で賢い学生を育てる)

I = International and Innovative(海外機関・産官学民との多様な交流)

N = Natural and Noble(自然や歴史に学ぶ優れた環境を生かす)

D = Diverse and Dynamic(多様な文化や考え方に常にオープンに自由に学ぶ)

O = Original and Optimistic(常識を塗り替える発想とそれを生み出す明るい精神力)

W = Women and Wish(男女共同参画社会の実現と女性に優しい職場環境づくり)

 

これになぞらえて、防災研究所の WINDOWを考えてみました。

防災研究所の WINDOW(研究・教育・社会貢献)
W World-leading 世界を先導する
I Interdisciplinary 学際的アプローチ
N Networking 地域連携・拠点間連携・国際連携の推進
D Disaster Risk Reduction 災害リスク軽減への貢献
O Observation and Experiment 観測実験による検証
W Wisdom 知恵の蓄積と活用

 

いずれも防災研究所にとって大変重要なキーワードかと存じます。京大のWINDOW、防災研究所のWINDOW、両方の「窓」を大きく開けて、防災・減災分野における着実な優れた研究・教育・社会貢献の役割を果たしていこうではありませんか。